WoT RU鯖レポート その1(tier3は辛いぜ編)

どうも、さるまんです。
この頃色々なモチベが低下気味ですが、だらだらと書いていこうと思います。

RU鯖は人が居る!けどやはり低tierは……

今日はどうやら回線の調子が良いようだということでWoTのRUクライアントを起動しました。
そうするとRU9のpingは破格の45!という驚異的な数値で、これは自分の環境が悪かったんだなとか思いながら接続しました。
しばらくプレイしても跳ねることは無くプレイできたのでその感想を書いていこうと思います。

流石のRUサーバーと言えどtier1、tier2のマッチングには2分程度時間がかかりました。
ですが、そんな中でもフルメンバーでの対戦がちらほらあり、ASIAではそもそもマッチしなかったこともあったので驚きました。
相変わらずのお遊戯会じみた空気の中で脳味噌からっぽにしてプレイすること数戦、どうにかtier3まで到達しました。

tier3からはマッチングも速くなることだろう……。そう思って待つこと数秒、速攻でマッチしたのにワクワクする自分の目の前にはB2の群れが飛び込んできました。
訓練費用にすら困る初期のお寒い財政で課金弾を最初から詰めているわけも無く蹂躙されました。
ま、たまにはこういうこともあるよなーと次戦はKV-220やKV-1の群れと戦うことになりました。

HAHAHA……WoTってそう言えばこういうゲームだったな。
マッチングするは良いものの遭遇する車両は圧倒的に性能に差がある車両ばかりであり、もうなんというか良いやってなりました。
相変わらずWGゲーの低tierはクソゲーだなとか思ったのが収穫でイマイチRUの癖なんかを知ることができませんでした。
WoTの本番はtier5からだったなーへへへ、そうだった、忘れてたぜ。

レーヴェでもぶち込んでやろうかと思ったのを留めつつ今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    「WoT RU鯖レポート その1(tier3は辛いぜ編)」への4件のフィードバック

    1. WoTではティアボトムだと味方頼みになってしまう事も多いですからね。
      いっそのことマッチングするティア差を2ではなく1にしてくれないかな・・・。
      WoWSならティアボトムでもHE撃ったり魚雷当てることでダメ稼げるんですが
      WoTだとノーダメで爆散なんてことも・・・w

      1. tier3だとさらにバランスが酷いことになってますからね……
        75mm榴弾砲で化け物のような格上連中と戦うのは苦行でした

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)