WoWs ver0.5.9到来!

どうも、さるまんです。

空母動画投稿しました。

今回は制空ボーグをボコった動画でまぁ、なんというか極端な一例という感じですね。
対制空編成は味方の対空を使おうということさえ伝わっていればいいかなと思います。
動画ストックが溜まり過ぎてやばいので消化して行かなくては……。

WoWs ver5.9.0

さて前振りはさておいてそろそろ本題に移りましょう。
本日07/28にWoWsのver0.5.9にアップデートが行われました。
そんでもって今回書いていくのはそのアプデの感想とどう変わっていくかなんかを予想しようというものです。

アップデートの内容は公式を見た方が速いのでそちらでお願いします。

今回の主な変更点は二つあります。
・状況認識が初期状態から習得されるようになる。(+勝手にスキルの置き換え)
・煙幕の効果範囲が水面に表示されるようになる。
・tier4までのtier差を+-1に制限、tier8以降の空母が1隻しかマッチングされないようになる。

感想と考察

【状況認識について】

レベル 1 スキル「状況認識」が唯一習得しているスキルである場合、スキル「応急対応の基本」と置き換えられます。
「状況認識」以外にもレベル 1 スキルを習得している場合、スキルポイントが 1 ポイント返還されます。

まぁ、全体で取得するなら別に良いんじゃないかと思うのですがコレ!これがちょっといただけない。
この理由についての説明があったのですがそれがなんかなんというかおかしくない?というものでした。
振りなおすのは別に良いし、ミスったらそれはそのミスったやつがダメだっただけだろうと思うのですちょいと良運営と期待しただけにああやっぱりWGナスじゃないか!と困惑しました。
初心者ならまだ1ポイントも稼ぎやすく他のに振って回避できるのですが、高レベルの艦長ともなると1ポイント稼ぐのも大分稼がないといけません。
にもかかわらず、スキル他のに置き換えといたから!とか長いことプレイしているプレイヤーほど不利益を受けやすくなる事を言われるのはおいおいとなります。
商売なのはわかりますし、振替が売り上げの結構な割合を占めているのもわかるのですが……。
結局よっぽどクレームが入ったのかアプデ直後にダブロンの配布と艦長スキル再分配の割引が告知されました。
最初からこういう対応にしておけば良いのになんでわざわざ下げてあげるんでしょうか、ううん……。

さて運営に対するなんだか釈然としない思いはさておいて、これでどんな影響が出るのでしょうか?
それはズバリ、駆逐艦の相対的な弱体化日本駆逐の弱体化だと思います。
これは状況認識を取らない艦種が大体、戦艦や空母になる関係上、見られているのが分かるというのは不意打ちしにくくなることに繋がります。
WoTの軽戦車は六感があっても偵察自体は問題なく出来るので駆逐もまたちょっと変わったくらいで済むのではと予想出来るのですが問題は日本駆逐の弱体化、こっちが本題になります。
状況認識が無くなると基本射撃訓練が基本になる事になるわけで、元々低かった日本駆逐にとってメリットが少なく、元々高いアメリカ、ソ連駆逐との差がさらに広がるわけです。
今までの修正見てても思うのですが日本駆逐冷遇されすぎてない……?w 何か強化が来ると良いのですがどうなるでしょう。

【煙幕の範囲の表示について】
展開した煙幕から 2.5 km 以内に近づくと効果範囲が白線で表示されるようになるというもので、これはナイス採用と思います。
実際わかりにくかった煙幕を扱いやすくなり駆逐初心者としては嬉しいですね。
逆にこれは意外と欠点もあり、円が増えてなければ移動していないと判断できブラインドショットや、魚雷を流す事も可能なので駆逐を単純に強化ではないのが良いですね。
こういったプレイする上で便利な機能はどんどん増えてくれると良いなぁ。


↑赤円のところを押さないと有効にならないので注意です。

【tier調整と空母】
これは初心者に優しいという面でナイスな調整ですね。
しかし、しかしですよ、謎の上位tierでの空母制限、これがちょいと気になります。
やるとしたら対空が低くて空母ゲーな下の方にこそ適用するべき制限ではないでしょうか?
特にtier4とか対空そよ風みたいなものですし、空母からしたらハハハこやつめって笑って攻撃できるレベルです。
空母が一番酷いであろうtier放置なの?と首をかしげることになりました。

まとめ

全体的に良い修正でしたが一部首をかしげる内容もあり、まぁこんなもんかなというアップデートでした。
アサルトモードもドイツ戦艦も実装を控えておりこれからに期待というぐらいでしょうか?
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す