WoWs 0.6.6PTの変更点(TAP記事紹介-2017/05/28)

どうも、さるまんです。
今日も今日とてTAP読みです、ゲームしたいのに時間が取れないぜこん畜生と嘆いております。

TAP記事の紹介

確定情報では無く、あくまで予定だったり開発中の情報だったりしますのであまり当てにしすぎないようにしてくださいね。
後、google先生に頼っているので間違えている場合があります。気になる方は本当かどうか真実を自分の目で確かめてください!

WoWS 0.6.6 PT : Further changes

今回はver0.6.6PTでの変更点のようです。

ドイツ巡洋艦
・150mm HEの貫通が38mmに変更
・203mm HEの貫通が51mmに変更
・210mm HEの貫通が53mmに変更

・ニュルンベルクの後部砲塔の360度回転化(ただし、アドミラルマカロフは影響を受けない)

またヒンデンブルクに記載があったのですが、これはHEで爆沈しないってことでいいんでしょうか?
フランスの240mmがバイタル貫通起こすみたいな話があった気がするので、そうかもしれません。

駆逐艦
・ファラガット、マハン、シムス、初春、吹雪、白露の装甲は16mmに統一されました。(暁は変更なし)
・ベンソン、ローヤン、フレッチャー、陽炎、夕雲、島風の装甲が19mmに統一されました。
・ローヤンの魚雷射程が6kmから6.7kmに
・ローヤンのソナーが3.48km/2.52kmから5.43/3.75kmへ強化。
・夕雲がType 93 Mod.3を装備出来るようになりました。


・航空機は船で8km、航空機で7kmで自動発見されます。
・エメラルドは10mmから13mmに強化されます。
・モンタナの38mmはそのままです。

読んでの感想

ドイツ巡洋艦は元がどうだったか知らないのでコメントに困りますが、駆逐艦は大きな変化のように思えます。
特にローヤンの大強化と夕雲の魚雷装備の更新は中々大きな変化ですしね。
そのままなモンタナェ……とも思いましたが、ここが関わってくるのはHEAPくらいだしなぁとかも。

夕雲に雷速つけて運用することを夢想した内容でした。

今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    「WoWs 0.6.6PTの変更点(TAP記事紹介-2017/05/28)」への1件のフィードバック

    1. プレ艦のローヤンがbuffですか~。
      独駆の優位性が無くなる・・・

      ニュルンの後部砲塔の360°旋回はすごいbuffですね。
      ケーニヒスベルグが360°旋回ですんごい使いやすかったので助かります。
      ニュルンは最近使ってなかったのでまた使ってみたくなる変更点ですね。

      夕雲は素直に良かったと思います。

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)