ダメ空母リプレイから見る空母のダメージの質

どうも、さるまんです。
今日はダメな動きをした空母動画を投稿してから考えていた空母のダメージの質について覚書を残しておこうと思います。

空母で勝ちにつながる行動ってなんぞや?

えーっと、正直編集中と投稿前、投稿後で合わせて7回は見ているので正直見たくもないリプレイですが上の動画を参考に考えていきましょう。

まず動画内でも上げていますが、駆逐艦の所在の把握&駆逐の抹殺
これは間違いなく最も勝ちに繋がる行動であり、負け筋を減らす上で重要になってきます。
駆逐艦が生きているとヤバイ理由はゲーム内最大の瞬間火力の魚雷を運用出来るところと、視界と隠蔽の優位性にあります。

魚雷は戦艦でも回復出来る割合が非常に低く、複数ヒットするとそれだけで戦線が揺らぎかねません。
また隠蔽優位で位置の把握をされていると引き撃ちも容易となりこちらが与えるダメージよりも被ダメが嵩んでいきます。

次に大事なのが敵艦の速やかな撃沈と戦艦に対する魚雷ダメージです。
敵艦を撃沈することでその艦の出すダメージは当たり前ですが0になります。
そして動画を見てわかると思うのですが、発火ダメージのみで15000ほどまで減らした戦艦が後に30000程度まで復活して戦線に戻っています。
これは火災ダメージと浸水ダメージが修理班で100%回復可能であるからで時間稼ぎにしかなっていません。
TOP戦艦が5分程度戦線を離脱したなら十分効果はあるのですが、ボトム相手にこれをやってもダメージを水増しする程度にしかなりません。

つまり、一気に殺しきる or 味方の攻撃でその後すぐ沈む程度のダメージを与えることは非常に重要なポインです。
また魚雷で痛打を与えると回復も難しく、上限が低くなっている状態での戦闘を強要出来るので大事です。

以上の2点に注目して動画を振り返ってみると有効なダメージは5万ダメージも行かないのがわかります。
19万ダメージの内10万は戦況が決した後稼いでいますし、序盤の9万も火災ダメージが主です。
スリップダメージがメインの米空母はいいところもあるので割り振りがもっと上手くできればいいのですが。
ここらへん意識してプレイを組み替えたいところですね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)