イギリス巡洋艦に乗ってみた(Fiji級編)

どうも、さるまんです。
イギリス巡洋艦が楽しすぎて休み二つ丸々乗り回していました。
先程エディンバラ級の開発と購入が終わったのであまり戦闘回数を重ねてはいませんが、フィジー級の紹介をしていこうと思います。

イギリスtier7巡洋艦 フィジー級

フィジー級は最上型に対抗して建造されたタウン級を元に設計された軽巡洋艦です。
順番的にはマイノーター級の前級なのですが、最上にタウン級の派生であるエディンバラを当てたかった為か入れ替わっています。

ゲーム内のフィジー級はリアンダーの正当強化型であり、主砲の門数が4基12門と大幅に増加しており非常に攻撃力が上昇しています。
反面魚雷発射管が1基へと減少していますが射程が射程ですのでイマイチ活きる機会もないことからあまり気になりませんね。
また、地味に対空能力も対空砲火がないとは言えそこそこの数値となっていて案外頼りになってくれます。

同格にベルフェストが販売されたのでちょいと不遇扱いされそうな気配が漂っていますが、かわりに修理班を持っているので戦艦のAPに気をつけつつしぶとく戦っていきたいところですね。

乗った感想

乗った感想はと言いますと砲の数が増えたことでダメージを出しやすくなったように思えます。
特に対駆逐戦で綺麗に入ると5000もぎ取ることもあり、通常でもダメージが向上しています。
これは対巡洋艦、対戦艦でも同様であり、イマイチ威圧感の無かった対巡洋艦戦において殴り合いやすくなりました。
戦艦は上部構造物に上手く当てていけば5000をぽこぽこ出すことが出来るのでそこまで苦手ではなくなっています。(APが怖すぎるのであまり戦いたくはありませんが……)

リアンダー級の楽しさをそのままに拡大発展しているのでリアンダー級を気に入った人はすんなり乗りこなせると思います。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す