日本戦艦始めました(扶桑編)

どうも、さるまんです。
ネタが思いつかなかったのでサンタキャンペーンで貰った扶桑について書いていこうと思います。

日本tier6戦艦 扶桑

FUSOOOOOOOOOOOOOOOOOOO!

海外の皆さんにも大人気な違法建築戦艦です。
興味はあったのですが、今更妙義から開発するのも面倒くさく思っていたところで開発を飛ばして獲得するチャンスが来たので飛びついちゃいました。
巡洋戦艦はドイツ戦艦で事足りてるので、イマイチ乗る気にならなかったんですよね、柔らかいですし。

さて、では扶桑の性能を見ていきましょう。
6基12門で36cmの口径を持つという火力の高さが売りで、非常に長射程です。
意外に艦の腹を見せなくても全門斉射出来あり、防御姿勢でも6門撃てるのが非常に嬉しいですね。
数を撃てば実際当たりやすいというそのものな性能をしています。

防御力はと言いますとドイツ戦艦の後になると非常に柔らかく感じます。
ドイツ戦艦が硬すぎるので当然ですが、敵前で転舵すると間違いなくぶち抜かれます。
ドイツ戦艦は腹を向けてもそこまで痛打を受けずに逃げれたのですが、そうはいかないのを頭に入れておかないと危ないですね。
対空はゴミですので強化するべきかなと思います。

速力の方は25kts近くは出るので意外と遅くないです。

纏めますと殴り合いに強い戦艦という感じでしょうか?
防御力はあるものの決定力不足を感じることもままあったドイツ戦艦と違ってバシバシバイタル貫通とれるのは面白いですね。

目指せ出雲

日本戦艦を進める気になったのはキモイやらち〇こやら言われている出雲に乗ってみたいと思ったからです。
普通大和だろとかとも思ったのですがあんだけ酷い言われような出雲になんかピンと来たんですよね。
どの道最後には大和にたどり着くわけですし、変なのを愛でるのも良いかなとかそんな感じです。

さてさて、扶桑は中々良い艦だったのですが対空が如何せん低すぎるのが困りものです。
こんなんでデフォでいるなんて空母に沈めてくださいと言っているようなもので正直ありえません。
昔遭遇しまくってた対空30台の皆さんはきっとマゾだったんでしょうね。

さて、そんなわけでビルドは対空特化にしました。
なんだかんだ7.2km届く対空砲は鬱陶しいので独航しない限りはなんとかなるレベルになったかなと思います。
そして対空砲の数値を見て思ったのは3.1kmの無駄加減です。
対空は如何に機数を削るかにかかっていますので攻撃直前にようやく仕事し始める3.1km対空は無意味と言っても過言ではありません。
それを対空特化にすると4.2kmまで上がるのでこれでようやくまともかなという感じですね。
長門の3.1km対空は中々の数値なので結構楽しみだったりします。

ドイツ戦艦と比べると十分精度もいいので変にアップグレードつけなくてもいいのもポイントですね。
この先も全部楽しそうなので空母の息抜き程度にゆっくり進めていこうと思います。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)