日本戦艦始めました(天城編)

どうも、さるまんです。
今日は完成して数戦乗った天城を紹介していこうと思います。

日本tier8戦艦 天城

天城は長門と同様に八八艦隊計画で計画されたものの、建造途中で軍縮条約の影響をうけ建造中止となり、空母へと改装が予定されたのですが、地震で竜骨が落ち大破、修理不可と判断されて解体されました。

さて、ゲームの天城はと言うと巡洋戦艦として完成した姿にさらに架空の近代化改装を施したものとなっています。

主砲は長門から1基増えて合計10門となり、貫通弾のみでもかなりの打撃力を誇るようになります。
また、砲旋回が向上していて取り回しが良い上に射角も良好となっています。
速力も巡洋戦艦らしく優秀でデフォルトで30kts、旗を付けると31.5ktsとかなり快適です。
反面曲がりやすさはイマイチ良くなく、咄嗟の回避は難しいので魚雷への警戒は常に行う必要があります。

対空は数値自体は悪くないのですがやはり25mm対空砲が射程がないことを考えると、射程伸ばしは必須でしょう。
長門でも書きましたが、日本戦艦の対空が低いのはこの25mmの短射程のせいなので悪くない選択肢だと思います。

ざっくり言い表すと金剛と扶桑の特徴を併せ持ちつつ、長門をも超える硬さをもった傑作巡洋戦艦です。
何かとビスマルクやティルピッツがもてはやされるtier8戦艦ですが、天城も相応に強い戦艦だと思います。

この戦艦すごいよぉ!流石赤城のお姉さん!

感想はもう、楽しすぎる戦艦というのに尽きます。
長門ではバイタル貫通が多くなり火力の上昇を感じる事が出来ましたが、イマイチダメージが出ないことも多く扶桑の数撃つのは正義なんだなと思う事があったのを完璧に改善しています。
また、精度も後部3基が防御姿勢を取ることでかなり間隔が狭くなり、非常に纏まって飛んでいくのが嬉しいところです。
速力もやはり30ktsでると快適で、移動に困ることはありません。

ただやはり防御面でドイツよりもしっかりとしたコース取りが必要なのは実感するところですが、同格に腹を向けないならそうそう抜かれないので悪くはないのでしょうね。
まだまだ戦闘回数も浅いので上手い事なれてしっかりと使いこなしてやりたいところです。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    「日本戦艦始めました(天城編)」への1件のフィードバック

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)