日本空母紹介(龍驤編)

どうも、さるまんです。
動画投稿しました!

空母教習所動画とは別シリーズで自分の一番高いtierでの戦闘風景を動画にしたもので、結構アドバイスを貰えていて嬉しかったりします。
さて、そんな動画での現状の主人公である龍驤の紹介をしていこうと思います。

日本tier6空母 龍驤

違法建築だよこれ!!!

盛りっぷりが凄まじい日本の正規空母龍驤です。
某艦船ゲーでは軽空母に分類されていますが純然たる正規空母です、そもそも軽空母の基準が出来始めたのはWW2開戦後のようなんですよね。
正規空母は最初から空母として計画されたもので、軽空母は巡洋艦や商船から改装された空母につけられる呼称です。
正規空母だと鳳翔やヨークタウン級、軽空母は瑞鳳やインディペンデンス級なんかが当たりますね。


この艦の魅力と言えばやっぱりこの盛りっぷりで、もう扶桑なんかと一緒でやべぇ!って思わせて来る船は見ていてテンション上がりますね。
空母なんで、戦闘中は殆ど見ないですけども。

見た目は良いから紹介を

見た目にテンション上げるのはほどほどに、性能の方を見ていきたいと思います。
このtierからようやく制空編成を獲得し、アメリカ空母を制空面でも圧倒する事が可能になります。
次の飛龍で完全にアメリカ空母よりも強くなるのでその1歩前の段階として見れば十分以上の性能をもっています。(飛龍のバランス編成が2-2-2で、レンジャーが1-1-1のまま)
散々泣かされてきたアメリカ戦闘機をけちょんけちょんに出来るわけなのですが中隊数が5にまで増加しているからといって一まとめに運用しているとまとめて溶けるので注意です。

航空管制は制空編成の2-2-2か、雷爆編成の1-2-2から選ぶことになります。
制空編成では戦闘機の中隊数が3になり、アメリカの制空編成と機数の面では同じになります。(同時にかち合うと負けるようなので注意)
中隊数が多いため多方面への偵察と防空が可能で忙しくはなるのですが制圧戦でその威力を発揮するします。
そしてアメリカは制空編成では攻撃力が激減するのですが、龍驤の制空編成は雷撃機1爆撃機1を持っている為にある程度の対艦攻撃が可能です。
同格のどの空母の航空管制とも有利、同格になれる非常に使い勝手のいい航空管制になります。

雷爆編成では圧倒的な攻撃力の瑞鳳の上位互換になります。
爆撃機が増えたことで囮や投下後の偵察などに使いやすくなり、浸水や火災などでダメージを与えることも出来るとtierが上がってもその攻撃力は健在です。
しかし、相変わらずアメリカ空母には追い回される上に龍驤の制空編成の前ではその圧倒的な制空能力に膝を折ることになります。
三方向全部に戦闘機見えてたらどうしようもないんですよね。
強いですが色々と不利な相手が増えているのが注意点になります。

また、相対する敵艦の防空能力も上がってくるので今までよりもさらに敵の対空を知る必要が出てきます。
どちらの編成を使うにしても丁寧に艦載機を動かし、味方を勝利へと導けるようにしたいところです。

まとめ

日本空母には外れ無しと言いたくなるほどに龍驤も強い空母になります。
その強さを殺すのも艦長自身となりますのでしっかりと艦載機を操りたいところですね。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す