飛龍は難しい

どうも、さるまんです。
WoTの方でクランで7人集まれる事も増えてきたので拠点戦が出来る状態になってきました。
大体2~3時間回して50万は稼げるのでかなりクレジットの資金繰りが楽になっています。
この調子でT50を買い戻したいところですね。

tier7空母の壁

昨日飛龍を購入することが出来たと書きましたが、とうとう壁のようなものを感じました。
2-2-2編成と高いバランスでまとまっている飛龍なのですが周りの空母艦長の技量の上昇や、龍驤では制空編成だったためにあまり感じることも少なかった対空砲火の強烈さも響いてきます。
何よりもぼけーっと雷撃を食らう戦艦も少なくなり十字雷撃を多用して行くことになるのが一番大きい変化でしょうか?

龍驤では制空編成をメインに使っていたのもあり、航空優勢ないし同等の状況が多かったのですが飛龍のバランス編成は2中隊であり、同等ないし劣勢になります。
バランス編成自体は戦闘機2、雷撃機2の良編成で間違いはないのですが、龍驤で数ごり押しで制空権を握っていたのがここにきて響きます。
飛龍自体はまごうことなき強空母であるのに対してその艦長である、さるまんの技量が全く足りていないということを痛感させられることになりました。
逆に対駆逐の面では戦闘機が2中隊ある分エアカバーを保ちつつ十字雷撃出来るため対駆逐性能はかなりの上昇を果たしている気がします。
要するに駆逐殺すマンしながら制空テクニックを磨けということでしょうか!

ちょっといい気になっていた自分に冷や水をかけられる中々面白い体験で、ここでさらに空母の腕を磨いていこうと思います。
防空援護に回ってくれるイケメン巡洋艦先輩をありがたく感じつつ今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す