日本駆逐紹介(睦月型編)

どうも、さるまんです。
空母や駆逐で雷撃していると普通の砲撃でのダメージが物足りなくなっているこの頃です。
どうやら自分には巡洋艦は向いてないらしい、とか思いつつも最近お気に入りに入った睦月の紹介をしていこうと思います。

睦月型駆逐艦

一気に近づいて魚雷どかーん!だったtier5までの日本駆逐から一気に長射程の魚雷を獲得し安全面も確保して水雷屋大歓喜の駆逐艦。

と書いてみると凄い強そうに思えるのですが、10kmというのはあまりにも長い射程です。
10km先に魚雷が到達した時に敵艦がどこにいるのか推測する必要がありただひたすらに垂れ流せば命中して大活躍という代物でもありません。
砲戦をしていたら回頭もするし速度を緩めたりもするわけで長射程の魚雷に心躍らせていていた艦長に現実を突きつけてくる高tier駆逐の入門編といえるでしょう。
実際最初に睦月を乗り回していて当たらない魚雷、tier比的にあまりにも貧弱な主砲に絶望していたのですが、ある動画を見つけたことによって睦月の評価を180度回転させることになりました。

わかりやすく、そして尚且つ実践してみると明らかに命中率が上がる!
睦月に乗ろうという艦長の皆さんは一度目を通しておくと命中率アップ間違いなしというぐらいオススメの動画です。

おかげで明らかに上昇した魚雷の命中率からこの睦月の感想を書くと、癖が強いものの滅茶苦茶楽しい駆逐艦だ!という感じになります。
確かに、砲戦は弱くて正直対駆逐艦性能は高くありません。
魚雷も上がったとはいえ刺さらないこともあり、しけた戦果で帰ってくる事もままあります。
しかし魚雷を予想通り当てた快感と、戦艦や巡洋艦を沈める大物喰らい感、これに勝るものはありません。
安定感や強さを求めるならば米駆逐艦のようですが、日本駆逐に乗り続けようと思います。
ちょっと話から敬遠しているなら試しに睦月まで作ってみると面白いかもしれませんね。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す