ドイツ戦艦を紹介して見る(Tirpitz編)

どうも、さるまんです。
この頃紹介ばっかりだなぁという感じなので何か見て、読んでネタを仕入れたいところですね。
とりあえず皇国の守護者を読み返しているのでその感想当たりかなぁなんて思ったりしてます。

さて、今回はちょいと前に買ったティルピッツの紹介をしていこうと思います。

ドイツtier8 プレミア戦艦 ティルピッツ

↓の動画でも紹介していますが、史実ではちょい不遇な戦艦です。

しかしゲームではドイツらしい堅牢さと魚雷を装備していることでビスマルクとは一味違った近接戦能力の高さを持つ戦艦です。
主砲は38cmと同格と若干劣るものの装填速度で優り、手数寄りになっています。
副砲は他のドイツ戦艦よりも範囲が狭く、代わりに魚雷を両舷に1基4門づつ装備しているので近距離での戦艦との撃ち合いに有効です。

防御力はドイツ戦艦らしく水平方向への装甲が硬いのですが真上からぶち抜かれるということが増えた気がします。
これはおそらく敵艦の貫通力向上や、交戦距離が伸びたことで起こるのでしょうね。
HPが3000ほど多いのがちょっとだけ嬉しいところです。
対空はそれなりに優秀で副砲を伸ばさなくていいので対空砲改良で範囲を伸ばしてもいいでしょう。
足回りはドイツの高tier戦艦らしく30ktsでるので不自由を感じることはありません。

纏めると綺麗に纏まっている戦艦ではあるものの交戦する相手の性能が上がっていることから装甲が過信できるものではなくなっているのに気をつけないといけません。
しかし十分な機動力と近接戦での強さをもっているのであまり問題視しなくてもいいのかもしれませんね。

使ってみた感想を

すっげえ硬くてちゃんと火力もあるぞ!
グナイゼナウで悩んでいた時に購入した戦艦だったので門数が改善されて耐久力も順当に向上したティルピッツは感動しました。
しかし、大和なんかに遭遇することもあり真上からバイタルをぶち抜かれるという衝撃の体験をしたりして強くはなったけどtier10こええええ!というのを初めて味わったりと良い経験を得る事にもなったり。

top戦場なら無茶な突破戦にもしっかりと耐えてくれる良い戦艦で近距離戦では魚雷が中々輝いてくれるのが印象的でした。
巡洋艦や駆逐に絡まれて悩むこともあったので副砲が強いビスマルクも楽しみです。

買って大満足という戦艦になりました。

ではでは今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す