ドイツ駆逐艦紹介(Z-23)

どうも、さるまんです。
久しぶりに艦が増えたので紹介していこうと思います。

ドイツtier8駆逐艦 Z-23

15cm砲を装備した駆逐艦で、15cm砲の開発が遅れた影響で128mm砲を装備していた経歴を持つ駆逐艦です。

ゲームではそれを反映して128mmと150mmを装備することが出来ますが、128mm砲は第一砲塔が単装砲になってしまうので4門、150mm砲は第一砲塔が連装砲になるので5門になるので投射量で変わりはありません。
因みにB船体+15cm砲じゃないと連装砲にならないのでこのtierなら当たり前のことですが装備にフリー突っ込みましょうね!

さて、軽く15cm砲を運用した感じ、高威力で短時間の交戦でダメージを出しやすいのが魅力的に感じました。
発火率も優秀なので戦艦相手にペチペチ撃つのも、駆逐だからと舐めている巡洋艦にAPを刺したりと使い道は結構あります。
問題は発射レートの遅さからくるAIM力の必要性でしょうか?

128mm砲はイマイチ火力も投射量もないので実質15cm砲一択なのではないかと思います。

魚雷は順当に強化され、威力以外は日駆並み一部越えうる性能となっています。
9.5kmで66kts、リロードも素で90秒というのはかなり投げやすく戦艦の抑止力になってくれます。
レーベレヒトマースではイマイチぴりっとしない魚雷から本体の隠蔽向上も相まってかなり強力な武装にランクアップしているのを実感できるでしょう!

隠蔽面ではベンソンや日駆勢に劣り、オグネヴォイと同等程度です。(より悪いのがキエフとかいう我が道を行く系なのは秘密)
その為若干先制されやすいのですが、隠蔽アプグレの差が無い分まだ楽になったと前向きに構えましょう。
ソナーも順当に強化されていっており駆逐戦で魚雷刺さる可能性はかなり低いですしね。

tier9のZ-46でバランス型として完成するツリーらしくtier8でバランス型駆逐として纏まり始めており攻撃面では中々優秀です。
ただやはり隠蔽を考えると味方の援護を受けやすい辺りを意識して立ち回り駆逐の排除に努めるのが大事そうな駆逐艦ですね。

個人的な感想

魚雷が強い!それだけで満足!

魚雷の速度、射程共に満足のいく性能になり、特に素晴らしいのがリロード速度です。
他の駆逐艦はリロード速度が大幅に長くなっていく中でドイツ駆逐艦は威力を犠牲にしてずーっと90秒になっています。
その為気軽に良性能魚雷をぽこぽこ投げれるので命中率が中々あがります。

魚雷専門家とアドレナリンを取ることによって70秒で安定して投げる事ができ、これに当たって浸水が入ると戦艦はかなり嫌なはずです。
魚雷で大事なのは如何に浸水を起こすかだと思っているので威力が低いのは我慢できますしね。

対駆逐戦では隠蔽が足を引っ張りますが、スモークとソナーを活用してどうにかというところですね。
格上との短時間の戦闘では高威力のお陰で短時間の交戦で結構削れるので悪くはないです。

巡洋艦を分艦隊にいれて支援をもらいながらだとより一層輝きそうな駆逐艦という認識になりました。
Z-46はかなり良い駆逐だと思いますので頑張ってZ-23を乗りこなした上でたどり着きたいところです。

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    「ドイツ駆逐艦紹介(Z-23)」への2件のフィードバック

    1. 魚雷に関しては日駆ツリー改装前の吹雪や陽炎みたいな感じですかね。
      あの頃も90秒おきに魚雷がまけてましたから・・・
      隠蔽ですが見つかってなすすべなく撃破されるよりも撃ち返せるだけの砲戦力があるのでそこまで気にならないかも・・・
      独駆ツリー頑張って下さい。

      1. 昔は日駆も90秒だったんですね~ やっぱり数で押してくのが一番だなって実感しました

    コメントを残す

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)