アメリカ空母紹介(インディペンデンス編)

どうも、さるまんです。
今日更新してたっけーって覗いたら案の定でした。
危うく更新しないでWoT起動するところだったので危ない危ない。

インディペンデンス(インディペンデンス級航空母艦)

インディペンデンスはWoWsにも居るtier6巡洋艦 クリーブランド級の船体を利用した軽空母です。
なので意外と硬く(飛行甲板は柔らかい)、そして足もようやく鈍足さから開放されるので扱いやくなっています。
夜間飛行専用の航空隊を搭載していたというなんかアメリカらしい余裕があるだけに変なことしてるなという感じの空母だったりします。

航空管制はバランス編成、制空編成、雷爆編成の二つがあります。
バランス編成はようやくラングレーの1-1-1編成に戻ってそこそこのダメージを出せる爆撃機が帰ってきます。
ここからtier9になるまでバランス編成はずーっとこの編成のままなので結構大変そうに感じてしまいますね。(飛龍と比べると2倍の差が)
実際に使ってみると意外と使い勝手は悪くなく、操作量が少なくて済むのが結構ありがたく感じてしまいます。
もっともこれは自分が龍驤だと制空編成しか使わないせいで火力高くていいじゃん!とみたいになっている可能性もあります。

制空編成はボーグから変化がないので割愛させてもらいます。
正直tier7で爆撃2になってからでいいんじゃないと思ったり。

使ってみた感想

言われている程弱くないと感じました。
ボーグもそうなのですが雷撃機の扱いに慣れが必要なのと戦闘機でAlt攻撃をどれだけしっかり決めるかと言うのが重要になってくると思います。
日本空母でもそうじゃんと思うかもしれませんがアメリカ空母のAltは機数が多いためか強力で日本だと2機の状況でも4機もぎ取ることもあります。
つまるところ殴り合いではなくスパッと切り捨てるように相手の航空隊を削れるので被害を抑えやすいのが長所のように感じました。

相対的に見ると制空権確保におけるヒエラルキーは
制空龍驤>制空インディ>バランスインディ>雷爆龍驤
になるので雷爆龍驤よりはマイルドな攻撃重視な扱いになります。

対制空インディ、制空龍驤戦は正直攻撃時にだけ気を付けるtier4~5の日本空母に似たプレイ感覚で味方の防空圏に引きこんで戦う構えを見せつつ、Altで一掃を狙う感じです。
制空龍驤相手は苦手ですがそれ以外なら十分な戦果を出せますね。

まとめ

日本空母が制空は制空!雷爆は雷爆!と、とがっているだけにマイルドな操作感は扱いやすく使いやすさが目立つ空母です。
振り切れると日本空母の方が強いのですが、まだまだ対抗できる余地のある段階だと思います。
(tier7になるとどうかはわかんないけどネ!)

では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

スポンサーリンク

コメントを残す