アメリカ駆逐艦紹介(Nicholas級)

どうも、さるまんです。
結構クレムソンからニコラスになって慣れてきたので紹介してみようと思います。

アメリカtier5駆逐艦 ニコラス級駆逐艦

アメリカ駆逐艦ルート唯一の未成艦ですね。
クレムソンの6門から4門へと大きく減少するものの127mm砲へ大型化し、発射レートも分間15発という凄まじい投射量へと進化を遂げています。
峯風比2.5倍の投射量を誇り、日本駆逐との撃ち合いでは負けることは……いやこれ日本駆逐の砲撃戦能力が低すぎるだけって感じですね。

圧倒的な砲戦能力の代償に凄まじい山なり弾道で、10kmも離れるとほぼ真上から降り注ぐ感じになるのが非常に当てずらくなっています。
8kmで機動力が高い相手でもなんとかという感じなので練習が必要ですね。
ここからずっとこの砲を使い続けて行くとのことなのでここでなんとか慣れたいところです。
滅茶苦茶燃やされる印象だったのですが意外と燃えないので数で殴る感じなんでしょうか?
対駆逐戦では投射量もあり殴り合いもしやすいですが魚雷に注意したいところです。

魚雷はクレムソン級と変化がないのとこの辺りから肉薄も難しいので駆逐相手に使う感じになります。
前級と同じで左右に6門づつあるのでやはり咄嗟の遭遇戦でも魚雷を投射しやすいのは嬉しいところ。

ファラガットから本番のようなのでここで砲撃になれつつ通り過ぎようかなと考えています。
ぽんぽこ撃てるのは楽しいので煙幕射撃などのやり方を学びつつ使っていこうと思います。
では今日はこのへんで、ではでは。

↓クリックお願いします。

人気ブログランキングへ

  • スポンサーリンク

    コメントを残す